CentOS / VirtualServer


キー入力が不安定になる件

カーネル2.6のLinuxとVirtual Machine との相性が非常によくないようです。

Microsoft KB918461 に解決方法があります。

grub の場合、以下のように /etc/grub.conf を変更

title CentOS (2.6.18-128.1.10.el5)
       root (hd0,0)
       kernel /vmlinuz-2.6.18-128.1.10.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet i8042.noloop psmouse.proto=imps clock=pit vga=794
       initrd /initrd-2.6.18-128.1.10.el5.img

ポイントは、clock=pit を追加すること。

Virtual Machine Additions For Linux をインストールする

CentOS はサポート外だが、RHEL がサポート対象なので、そのクローンの CentOS でも動きます。

1.VMAdditionsForLinux.iso をマウント

2./media/cdrom/VMAdditionsForLinux に移動

3.インストーラを実行

# sh vmadd-install.run all

※readme では、直接実行するように記載があったが、実行権限がないので sh 経由。

4.再起動またはデーモンの開始

# reboot

または

# /etc/init.d/vmadd start
# /etc/init.d/vmadd-scsi start

カーネルのアップデートを行ったら再度、適用しなくてはならない。

vmadd-scsi デーモンを起動しないようにする

IDE だけの場合はエラーになってしまうので

# chkconfig --list vmadd-scsi
vmadd-scsi      0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:on    6:off

# chkconfig vmadd-scsi off

# chkconfig --list vmadd-scsi
vmadd-scsi      0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

smart デーモンを起動しないようにする

Virtual Server の仮想HDDは S.M.A.R.T. に対応していないため。

ナビゲーション

プロフィール

Photo Hondarer  My status

自分に正直に、目指す物を目指すかたちで、全ての人が幸せになれるシステムを削り出す職人でありたい。

Powered by
HndWiki 027136