Linux / CDWrite


http://www.ysd.bne.jp/linux/cdwrite.html

準備

作業用のディレクトリを作成し、そこに書込むファイルをコピーします。
この時、CD の容量(650MB,700MB)を越えないようにします。
ディレクトリ以下の容量は

$ du -sm sourcedir

として MB 単位で求められます。( -sm を -sk とすれば KB 単位となります。)

iso イメージの作成

$ mkisofs -r -J -o image.iso sourcedir 

mkisofs のオプション

-V CD の名前を指定
-b image boot イメージの指定(1.2MB, 1.44MBまたは 2.88MB)
-J Joliet 形式のファイル名を使用する。 (Windows でもファイル名を正しく表示します)
-R Rock Riddge パーミッション、所有者をそのままにする。
-udf UDF(DVD)形式のフォーマット
--help オプションで全てのオプションを表示します。

iso ファイルの内容は次のようにマウントして確認できます。

# mount -t iso9660 -o ro,loop=/dev/loop0 image.iso /mnt/cdrom
$ ls /mnt/cdrom

マウントは root で。確認後はアンマウント(umount)します。

書込み

最近は

$ cdrecord -v speed=16 driveropt=burnproof image.iso

で書込みできます。

古いバージョンではデバイス番号が必要な場合があります。

CD デバイス番号を調べる。

$ cdrecord -scanbus
Cdrecord 2.0 (i686-pc-linux-gnu) Copyright
(C) 1995-2002 J?rg Schilling
 ...
scsibus0:
0,0,0 0) _NEC ' 'NR-7900A ' '1.23' Removable CD-ROM
0,1,0 1) *
 ...

この場合は 0,0,0 がデバイス番号です。

書込みテスト

$ cdrecord -v -dummy speed=12 dev=0,0,0 image.iso

本番書込みは -dummy 無しです。

$ cdrecord -v speed=12 dev=0,0,0 image.iso

アンダーラン対策のあるドライブでは driveropts=burnproof を指定できます。

CD コピー

CD をセットして

$ dd if=/dev/cdrom of=cdimage.iso

として CD から iso イメージファイルを作成できます。後は書込むのみ。

ナビゲーション

プロフィール

Photo Hondarer  My status

自分に正直に、目指す物を目指すかたちで、全ての人が幸せになれるシステムを削り出す職人でありたい。

Powered by
HndWiki 017453