PlatformSDK


blueMSX の自前 make をしようと、\Program Files\Microsoft Platform SDK\Samples\Multimedia\DirectShow?\BaseClasses? の make をして(ビデオ入力関係の機能追加により必要になったのだ)、blueMSX 本体の make をしようとしたら、atlthunk.lib がないと言われてしまった。

どこ探してもそんなファイルないので、仕方なく以下のようにした。

/*
PVOID __stdcall __AllocStdCallThunk(VOID);
VOID __stdcall __FreeStdCallThunk(PVOID);

#define AllocStdCallThunk() __AllocStdCallThunk()
#define FreeStdCallThunk(p) __FreeStdCallThunk(p)

#pragma comment(lib, "atlthunk.lib")
*/

調べていると、けっこうみんな引っかかっているらしく、以下の代替APIの例もあった。
(from プログラムの雑記&メモ帳)

#define AllocStdCallThunk() HeapAlloc(GetProcessHeap(),0,sizeof(_stdcallthunk))
#define FreeStdCallThunk(p) HeapFree(GetProcessHeap(), 0, p)

ナビゲーション

プロフィール

Photo Hondarer  My status

自分に正直に、目指す物を目指すかたちで、全ての人が幸せになれるシステムを削り出す職人でありたい。

Powered by
HndWiki 012864