Catapult


差分表示

  • 最後の更新で追加された行はこのように表示します。
  • 最後の更新で削除された行はこのように表示します。

RCS information

head: 1.6
branch:
locks: strict
 wiki: 1.6
access list:
symbolic names:
keyword substitution: kv
total revisions: 6; selected revisions: 6
description:
----------------------------
revision 1.6 locked by: wiki;
date: 2013-08-16 18:59:11+09;  author: wiki;  state: Exp;  lines: +31 -2
Modified by 210.228.239.124(CEPci-01p2-124.ppp18.odn.ad.jp)
----------------------------
revision 1.5
date: 2013-08-12 22:42:56+09;  author: wiki;  state: Exp;  lines: +1 -23
Modified by 201.210.247.227(201-210-247-227.genericrev.cantv.net)
----------------------------
revision 1.4
date: 2013-08-11 17:45:07+09;  author: wiki;  state: Exp;  lines: +1 -8
Modified by 94.23.238.222(ns308698.ovh.net)
----------------------------
revision 1.3
date: 2005-06-19 19:39:51+09;  author: wiki;  state: Exp;  lines: +13 -3
Modified by 211.132.91.248(PPPax248.aichi-ip.dti.ne.jp)
----------------------------
revision 1.2
date: 2005-02-15 06:35:42+09;  author: wiki;  state: Exp;  lines: +1 -0
Modified by 211.132.91.151(PPPax151.aichi-ip.dti.ne.jp)
----------------------------
revision 1.1
date: 2005-02-14 22:45:30+09;  author: wiki;  state: Exp;
First checkin by admin
----------------------------

diff revision 1.5 -> 1.6

--- Catapult.txt 2013-08-12 22:42:56+09 1.5
+++ Catapult.txt 2013-08-16 18:59:11+09 1.6
@@ -15,8 +15,37 @@
 snapshot 1.50 版のコンパイルに成功したので、日本語版マニュアル兼紹介ページとしてスクリーンショットを掲載します。
 
 リリースに向けて鋭意修正中ですのでもう現状と違ってきてます…
-I was seuosrily at DefCon 5 until I saw this post.
-So true. Honesty and everything redzingoec.
+***Catapult configuration
+
+_imageroot_MSX/Catapult/Capapult_snap_cvs_1_50_6.png
+
+[[Catapult]] を最初に起動すると、このダイアログが表示されます。ここで、[[openMSX]] の実行ファイルのパスと、share ディレクトリのパス(通常は、前記実行ファイルの直下に存在します)を指定します。
+
+あとで指定し直したい場合は、___E___dit メニューの ___E___dit Configuration で変更が可能です。
+
+***Session
+
+_imageroot_MSX/Catapult/Capapult_snap_cvs_1_50_1.png
+
+[[RuMSX]] など、ほとんどのエミュレータでもおなじみの形態です。
+
++Launch\\
+[[openMSX]] を起動します。起動中は、中止釦となります。
++Power/Caps/Kana/Pause/Turbo/FDD\\
+実機同様のLED表示です。起動中にちょっとTurboとFDDが点くところなども再現されているので、脳内でディスクドライブのチェック音(実機だと起動直後の画面がちらついた後「がっ」て言う)が聞こえます…ていうか、アクセス音をwavで再現すると面白いかも、という提言。
++Select MSX type\\
+機種を選択します。なお、その機種のROMイメージは別途吸い出す必要があります。デフォルトは、[[MSX/C-BIOS]] になっています。
++Select on more extensions\\
+拡張機能を選択します。一部の機能にはROMイメージが必要な場合があります。
++Disks\\
+ディスクドライブに挿入するイメージファイルを指定します。zip圧縮されたイメージも受付可能です。\\
+機種選択で1ドライブしかないものを選択している場合は、Disk B欄にファイルを指定しても読み込むことが出来ません。Status Infoページにエラーが出力されます。
++Cartridges\\
+スロットに挿入されるROMイメージファイルを指定します。\\
+他のエミュレータにつきもののROMタイプについては、MD5による自動判定が行われるので(多分)必要ありません。
++Tapes\\
+データレコーダーにセットされるデータを指定します。
+
 ***Misc Controls
 
 _imageroot_MSX/Catapult/Capapult_snap_cvs_1_50_2.png

ナビゲーション

プロフィール

Photo Hondarer  My status

自分に正直に、目指す物を目指すかたちで、全ての人が幸せになれるシステムを削り出す職人でありたい。

Powered by
HndWiki 036990