HP-UX / ブートシーケンス


差分表示

  • 最後の更新で追加された行はこのように表示します。
  • 最後の更新で削除された行はこのように表示します。

RCS information

head: 1.2
branch:
locks: strict
 wiki: 1.2
access list:
symbolic names:
keyword substitution: kv
total revisions: 2; selected revisions: 2
description:
----------------------------
revision 1.2 locked by: wiki;
date: 2008-01-13 17:39:34+09;  author: wiki;  state: Exp;  lines: +15 -14
Modified by 219.67.175.108(CEPci-01p4-108.ppp18.odn.ad.jp)
----------------------------
revision 1.1
date: 2005-02-14 22:45:30+09;  author: wiki;  state: Exp;
First checkin by admin
----------------------------

diff revision 1.1 -> 1.2

--- HP-UX/ブートシーケンス.txt 2005-02-14 22:45:30+09 1.1
+++ HP-UX/ブートシーケンス.txt 2008-01-13 17:39:34+09 1.2
@@ -1,14 +1,15 @@
-+電源投入
-+PDC (プロセッサ依存コード)が自己診断を実行する。
-+PDC がコンソールパスおよびブートパスを初期化する。
-+PDC が ISL をロードして実行する。
-+システムがオートブート AUTO ファイルを参照する。
-+hpux がロードされ実行される。
-+/stand/vmunix がロードされ実行される。
-+/sbin/pre_init_rc が実行される。
-+/sbin/initが/etc/inittab ファイルをもとに実行される。
-+/sbin/ioinitrc スクリプトが実行される。
-+/sbin/bcheckrc スクリプトが実行される。
-+/sbin/rc スクリプトが実行される。
-+/usr/sbin/getty が実行され、ログインプロンプトが表示される。
-
++電源投入
++PDC (プロセッサ依存コード)が自己診断を実行する。
++PDC がコンソールパスおよびブートパスを初期化する。
++PDC が ISL をロードして実行する。
++システムがオートブート AUTO ファイルを参照する。
++hpux がロードされ実行される。
++/stand/vmunix がロードされ実行される。
++/sbin/pre_init_rc が実行される。
++/sbin/initが/etc/inittab ファイルをもとに実行される。
++/sbin/ioinitrc スクリプトが実行される。
++/sbin/bcheckrc スクリプトが実行される。
++/sbin/rc スクリプトが実行される。
++/usr/sbin/getty が実行され、ログインプロンプトが表示される。
+
+なお、rc スクリプト実行中に CTRL + . を入力すると、rc スクリプトを中断してログインプロンプトを表示できる。

ナビゲーション

プロフィール

Photo Hondarer  My status

自分に正直に、目指す物を目指すかたちで、全ての人が幸せになれるシステムを削り出す職人でありたい。

Powered by
HndWiki 023421